小さなきもち野菜宅配部とは?

 

2011311日の東日本大震災。「わたしたちになにかできることはないか?」と、綾部・志賀郷(しがさと)の若者3人が立ち上がりました。地元の農産加工品をはじめとする救援物資を積みこみ、現地に足を運んだのが始まりです。その後、安心して食べられる野菜を届けたいと野菜宅配部が発足。アトピーやアレルギーを持つ人や安全な野菜を求める人が安心して食べられる野菜を届けていこう!と野菜宅配をスタート。この活動は、綾部・福知山で農薬・化学肥料を使わない野菜作りをしている農家さんの応援にもつながっています。

小さなきもち野菜宅配部のメンバー紹介のページで~す!

 

 

小さなきもち野菜宅配部のメンバーによる自己紹介

 

 

 

コニチャン農園(小西秀則、典子)


2006年春、兵庫県尼崎市より綾部市に移住。

谷あいの澄んだ空気と水の中で、農薬を使わず有機栽培で

「安心・新鮮・おいしいお米&野菜」を皆様にお届けしています。

食べてくださったみなさまの「おいしい!」を励みに、畑仕事に精出しています。

 

水田家の食卓(水田裕之、さかえ)

 

綾部に来て約10年、自給+αの小さな農業をしています。

自分の病気が薬を使わずによくなった経験から、農作物でも

農薬や化学肥料を使わない栽培をしています。

なかなか上手にたくさんはできませんが、おいしいお米や野菜に

育ってくれます。今の時代、ほんとうのものを作っていきたいです。

 

櫻井農園(櫻井喜仁、史)

 

綾部市舘町でお茶を栽培しながら、野菜も栽培しています。

野菜畑からキッチン、食卓までがひとつにつながることに感謝して、

心を込めて育てました。

 

ミヤサイ(宮田毅、裕美)


2012年の暮れに夫婦二人で福知山の里山へ移住しました。
自然と共に暮らす楽しさ、そして厳しさを日々感じながら、

お野菜と少しの果樹を育てています。
みなさんの食卓が笑顔になれるものを提供していきたいと思っています。
まだ駆け出しですが、早く一人前の農家になれるよう応援してください

 

つむぎ畑(岩本りえ)

 

念願の家の前に小さな畑をかりて、自給用にあれやこれやとお試し野菜を作っています。

お米作りは2015年で3年生。赤いもち米を作っています。

たくさんの人に支えられて、田畑ある生活をさせてもらってます。

 

小さなきもちプロジェクト野菜宅配部では事務全般、お客さまの窓口を担当しています。

お気軽にお問い合わせください!

 

 

瀬戸川農園

 

当園では、無農薬・無化学肥料・在来種(固定種)の種を使った

元気で旨みのある野菜を作ってます。手にとって 食べてみて

野菜本来の「葉肉の厚み・味(旨み)の濃さ」を実感してもらえたら幸いです。

わたしたちの作った野菜でセットを作りました!

 

わたしたちが丹精こめて作った野菜を持ち寄って

野菜セットを作り、ご自宅まで宅配でお届けしています!

 

わたしたちの作った野菜をぜひ一度お試しください。

野菜の他に、お米や豆、加工品も販売しています。

 

小さなきもち野菜セットのご注文はこちら>>>