わとわのまじわるところ

「小さなきもちプロジェクト」からのお誘いです。

 

「わとわのまじわるところ」4月26日(火)PM6:00~
場所:里山ねっとあやべ・幸喜山荘
   http://www.satoyama.gr.jp/
料金:カンパ制(会場使用料・プロジェクター使用料等のカンパをお願いします)

 

東北関東大震災の報告会と綾部市長を交えて座談会をします。
昨日決定したことなので詳細はまだまだ詰めなくてはいけませんが
日もあまり無いということで、
とりあえずまとまっていることのご報告!

 

第一部:被災地ボランティアの報告会(小さなきもちプロジェクト)
 

第2部:綾部市長・山崎善也氏を囲んで座談会

各グループに分かれてみんなが言葉を出せるようにします。

  ■グループリーダー(予定)

   朝倉 聡(里山ねっと事務局次長)

   井上吉夫(三土市代表・かかりつけ米農家)

   今井久美子(アーティスト・舞鶴市より)

   岡垣美樹(綾部市秘書広報課)

   金田克彦(大」建築代表・大工のきんちゃん)

   木村弓子(あやべ作業所職員)

   斎藤典加(きらり上林代表)

   塩見直紀(半農半X代表)

   高橋輝(綾部市市議会議員)

   広池孝之(京都生協)
   (50音順)


 

会場内には、あやべ作業所のあやぼうろをご用意しています。そばの種まきから作るあやぼうろをつまみながら、座談会。

また、お腹がすいた方には、小さなきもちプロジェクトの水田家の食卓と土恋処農園(ドッコイショノウエン)のおにぎりの販売もあります。

 

 

 

三土市の有志3人で被災地へボランティア活動に行ってきました。
何か自分達にできることは無いかと
「小さなきもちプロジェクト」を立ち上げました。
震災ボランティアの報告会をする中で
今は自分の思いをひとりでかかえてないで
みんなで共有する時期ということを感じました。
みんな、少し不安。
何をすればわからないと少し不安。
福井の高浜・大飯原発が近くて少し不安。
こんな時だから、しゃべり場を作ろう!
皆の意見を聞いてみよう!

詰まっている言葉をはきだしていこう
コミュニケーションが新しい自分を発見したり
自分以外考えを共有できたり・・・。

 
皆さん参加してくださいね。
どんな方でもけっこうです。
綾部以外の方でも大丈夫です。
より多くの方の意見を聞くことによって
新しい暮らしの形が見えてくればと思います。

 

 

 

お問い合わせ窓口
「小さなきもちプロジェクト」 http://chiisanakimochi.jimdo.com/
代表:ハタノワタル
京都府綾部市篠田町
090-1892-9983